土用の丑の日

デザイン担当の窪です。
今日は今年2回めの丑の日なので、夕食はうなぎです。

夏バテにはうなぎがよいと言われていますが、
実は私は高校生まではうなぎが嫌いでした。
とくに皮がイヤで、いつも身だけ食べて皮は母にあげていました。

しかし東京の大学に進学し、向こうで初めてうな重を食べた時の衝撃といったら。
「うなぎってこんなにやわらかくて美味しいものだったんだ…」
あまりの美味しさに感動し、それ以来やみつきになりました。
今でも東京へ行くと必ずうな重を食べに行く程です。


のちにそれがなぜかわかったのですが、私たち関西地区では「まむし」という焼き方で頭をつけたまま腹開きにしてそのまま焼くのですが、関東では背開きにし一度蒸してからさらに焼くので皮もやわらかく食べやすいのです。


こちらの焼き方の方が歯ごたえがあっていいという人も多いですが、もしうなぎがちょっと苦手という方はぜひ関東風の焼き方のうなぎを食べてみることをオススメします。
(ちなみに今はこちらのうなぎでも皮は食べるようにしています。)


00006320_T.jpg