美術館で思うこと

デザイン担当の窪です。
やっと涼しくなったと思ったらまた暑さがぶり返し、へこんでいます。

この連休に21世紀美術館で金沢美大OBによる展示があったので見に行きました。
出無精でなかなか外出しない私ですが、金沢美大出身者には知り合いがたくさんいるので、これだけはどうしても見なければと思いなんとか出かけました。


その展示自体は(きっと名前だけ貸しているのだろうな)と感じるような簡素なものでしたが、置かれている商品にその人の日常が一瞬垣間見えたような気がして、それだけで充分でした。
長い間会っていない先輩や後輩の作品などもあり、懐かしい気持ちでいっぱいになりました。


以前朝礼でも話したのですが、美術館に足を運ぶことによって自分の原点に帰れる気がします。
なぜ、美大へ行ったのか。なぜ、デザインの道へ進んだのか。私は何がしたかったのか?


同じ道へ進んでも、いまだにデザインそのものをしている人は実はあまりいません。
一番デザインに向いていないはずの私が今この会社でこうしてデザインのお仕事を頂いていることが不思議だし、ありがたいことだと思っています。

500.jpg  9-30.JPG

※展示品より抜粋