ブログ

石川県には能登半島があり、山海に恵まれ自然が豊かです。

10月になり連休は天候も良かったし、シーズンということで「あおりいか」

を釣りに行ってきました。

一般的にエギングと言われているものです。

4年前に道具を貸してもらい、金沢の海で初めてエギングを経験したのですが、

その時は全く釣果が無く、要領もよく解らないまま終わってしまいました。

 

今回は女房を誘って入門用の道具も一式買い揃えて能登の海で

再挑戦ということになりました。

特に女房の方は初めてということで、最初は仕掛けがもつれたり

エギが上手く飛ばせなく苦戦状態です。

 

日も暮れ始め二人とも中々釣れないのでもう諦めて帰ろうと

私が言い出した直後に何と女房の竿に初めてのあたりがきました。

引き寄せてくると待望の「あおりいか」が墨を出しながらかかっていました。

25cmほどのそこそこのサイズです。

 

待望の「あおりいか」が釣れたということで帰るに帰れなくなり

更にそこから1時間ねばることになりました。

その後さらに女房の方にあたりきて結果的に釣果は2杯。

 

しかし私は今回も釣ることができませんでした・・・。(悲)

201110101548000.jpg