企画開発室 木下

 
私の住んでいる金沢は、今年は今のところ例年と同じくらいの積雪しか
ありません。
ニュースで見ていると、ものすごく降って、積もっているところもあることを
知りました。

昨日のニュースでは、北海道の岩見沢市が映っていました。

私は30年ほど前に、岩見沢に住んでいました。

ちょうど成人式の年も、親元を離れて遠くて広い北海道にいたのです。
TVに映る岩見沢はもう、どこが映されているのだかわかりませんでしたが、
その雪を見て、
そういえばすごい雪だった。
しかも、尋常じゃなく寒かった。
ことを思い出しました。
雪国生まれで、雪国育ちの私が、しかも成人した私が、心からそう思ったくらい、
岩見沢というところは雪が多く、それより何より寒かった・・・。
 
例年にないくらいの積雪で困っておられるであろう岩見沢の方々には
申し訳ないのですが、そのよくない知らせをTVで見て懐かしさが
こみ上げてきてしまいました。
自らの手からキタキツネにハムをあげた時に、かわいいと思っていたその口が
ハムをくわえる瞬間垣間見える鋭い歯にちょっとビビったことや、
何でも凍ってしまったことや、友達と雪まつりへ行ったことや、バイクで北海道を
一周したことや、夏でもTシャツ1枚では寒かったことや、歩道の雪をつるはしで
割ったことや、ジャリ道が多かったことや、雪がサラサラなので傘がいらなかった
ことや、普通の人がたくさん「歩くスキー」をやっていたことや、外は零下の世界
なのに北海道の人は家の中でシャツ1枚で、汗をかくくらいストーブを焚いてた
ことや、書ききれないくらい思い出して感じたことは、北海道の人は雪が降っても
決して家の中にこもらず、外で遊んでいたんじゃなかったかなぁ、ということです。
 
私を含めて北陸の人は雪が降ると家に閉じこもることが多いように思います。
北海道の人を見習って雪を忌まわしく思うのではなく、雪で遊ぶくらいの
ポジティブな意識を持ちたいと思います。
雪国のみなさん、春がくるまであと少し頑張りましょう。
 
でも寒いのは苦手なので、やっぱり家でじっとしているのかも。
ちなみに生まれてから今に至るまで、一番寒かったのは5月に登別で
野宿した時です。

死ななくて、よかった。