頭脳パン

みなさん、「頭脳パン」って知ってますか?

私がはじめて頭脳パンを知ったのは中学校の売店で売っているのを

見た時です。

袋に”頭がよくなる”と書いてある。

その時の衝撃はすごいものでした。
「このパンを食べれば頭が良くなるんや。」
夢のようなパンを見つけた感動に、すぐ買って食べたのを憶えています。
(そんなすごいものがこんな所にどうして売っているのだろう、とか、
どうしてみんなこんなすごいパン買わ
ないんだろう、などという考えは浮かびませんでした)
口の中からいっこうに喉に流れようとしない感じで、
牛乳で流し込むようなパンでした。

zunoupan.JPG

普通のパンにホシブドウが少し入っている、ごく普通のパンでした。

学校の教授らしき人のイラストが入った袋を食い入るように
見つめることもしました。
ビタミンB1が多く含まれる食品は頭の働きを良くするそうで、
この「頭脳パン」の原料にはビタミンB1を多く含まれているために
この商品名になっているとのこと。
 
この後このパンは私の中で、値段のわりに大きいパンという印象に
変わっていったので、お金があまりない時の選択肢になってしまいましたが、
最初に見た時の衝撃はかなりのものでした。
(メーカーさんには失礼な話で申し訳ございません)
しかも成人して後、石川県外の人がこれを見たことが無いということを知って、
再び衝撃を受けたのでした。
 
同じ衝撃は「シーモンキー」の広告を見た時にも訪れました。
みなさん、「シーモンキー」って知ってますか?・・・・。
つづく
 

企画開発室 木下