“善”イズム

麻雀大好き 小杉淳文です。

私は日韓ワールドカップの年以来、今年で入社10年目のメガネ営業マンです。

関西のメガネ営業マンと同級生ですが、野球部では“若年寄り”の異名をとっています。 

来年はついにお花見で主賓席に登場です。

ちなみに同期は、営業1課Iさん、富山Yさん、白山シール小杉(T)さん、先日退社したWくんなど・・・。

なかなかキャラの濃いメンバーで来年の新入社員を迎えることになりそうです。

さて、M本部長のブログにもありましたが、先日「ホスピタリティ」の大変

ありがたいお話があり、富山営業所でも話題です。
“おもてなしの心”“相手を思いやる心”というのは、社内の方々に対しても

大事ですが、営業としてはやはりお客様への気持ちや対応が最も重要です。
 


数年前から、よく白山シール小杉満男社長が言ったもんです。

「お客さんを彼女やと思え。」

確かにそう思えば、無理を言われても、お客さんの為に頑張れる。

今でも仕事中たまに、この言葉が浮かんできます。

そういえば、当社の社長は、代々名前に“善”という文字を継いでますよね。
淳文という名のわたしが言うのもなんですが、小杉家はその名のとおり、

代々“善”の心を受け継いでいます。
その会社の社風というのは、やはり社長の人間性そのものだと思います。

これからも綺麗ごとではなく、相手の心に立った“善”の心で、

日々生活をしていきた いと思っています。

そうすれば、お客さんにも女性にもモテるかも!