今年もやって来てくれました!

新潟に赴任して、ふと数えてみるとなんと早3年と半年。

”光陰流水のごとし”月日の経つのの早いこと早いこと。

毎日徒歩と電車で活動していた東京エリアから、

何処へ行くにも車の新潟エリア。

山海の幸に恵まれた米どころ!水も美味いし!!酒はもっと旨いし!!!

その結果はと言うと、ご多分に漏れずメタボとそのバージョンアップ。

 

寒さを感じ始める頃、海を越えてやって来てくれるのが白鳥です。

石川の地で白鳥を目に出来たのは、私の記憶の中では兼六園の

霞が池の2羽のみ。

ところがところが、新潟では稲刈りを終えた田んぼで、

稲の根を食べている白鳥を普通に見掛ける事が出来ます。

 

水鳥を食物連鎖の頂点とする、湿地の生態系を守る目的で制定された

国際条約のラムサール条約登録湿地が瓢湖および佐潟と新潟下越地方には

2カ所もあるんです。

昼の間は田んぼで食事を取り、夕方には寝床となる瓢湖や佐潟に戻って来るのです。

白鳥が群れを成して飛んでいるところを目にすると、本当に感動します。

 

今年は10月13日に私にとっての初飛来を確認致しました。

新潟県下越地方へ来る機会がありましたらこれからの時期、

越冬に飛来した白鳥を是非見に行ってください。

 

白鳥を目にするたびに感動している、新潟営業所の菅本でした。

201110201501001.jpg  201110201501002.jpg

201110201501003.jpg  201110201506000.jpg

201110231549000.jpg