【い】いねか  

富山より、小杉Aです。

「もういいねか。」というくらい今年の富山は豪雪続き。

二十数年ぶりの積雪だとか。
富山3年目の今年、ついに対雪グッズに大量投資しました。

これも雪かき時間短縮の為・・・

写真1(スコップ).jpg



そんな極寒の中、ここ最近よく見る「味の素のほんだし」のCM。
小栗旬が作る一人鍋が食べたくなり、スーパーで白菜と

しゃぶしゃぶ用の豚肉を購入。
早速つくりました。食材はシンプルですが、ま~~ちまちました仕込みが

面倒だこと。
シメのおじやも楽しめたし味は大満足でしたが、この手間だと

年1のメニューになりそうです。

さて、穴太副キャップに続き“夢の国”のお話をしたいと思います。
と言っても、行ったのは現地ではなく書店ですが(泣)
昔から良くディズニー本は出版されていますが、先々週の書店の

売れ筋ランキングで第3位になっていたのが、写真の本。

少し立ち読みして、即購入しました。


写真2(ディズニー本).jpg


昨年の震災でも、係員が迅速かつ柔軟な対応でお客様(ゲスト)を守ったという

ニュースが報道されていました。このような行動を取ったのは、ほとんどが

正社員でなく、アルバイトだったそうです。(ちなみにディズニーでは、アルバイト、

正社員に差をつけず全て“キャスト”と呼ぶそうです。)

まず驚いたのは人の採用。
一流ホテル「リッツカールトン」では、採用時に徹底的に厳選し、

向いていない人は絶対に採用しないそうです。
これに対し、ディズニーは基本「ウェルカム」で、全ての応募者を採用する方向で

検討するそうです。これってすごい自信ですよね。
人を育てる仕組みがしっかりしていて、「人は経験によって変わる・育つ」という

考え方があるそうです。

「サービス業、製造業に関わらず、組織はやはり“人”だな」と実感しました。

具体的な内容は省きますが、ポイントをまとめるとこんなところだと思います。

・ホスピタリティの心(CSだけでなくESも)
・会社が持つミッションが全従業員に浸透している。

(当社で言えば生きた商品づくり)
・一人ひとりにリーダーシップ、責任感を持たせ、人を育てる喜びを覚えさせる。

自分にとっては今後のタメになる本の一つとなりました。これからも猛勉強です!
興味があったら皆さんも一度書店で立ち読みしてみてください。

最後に、東京営業所の「ザッツKさん」バリのうんちくをひとつ。
東京ディズニーランドのJR最寄り駅の名前の由来をご存知でしょうか。
ディズニーワールドがあるフロリダ州のマイアミビーチから、「マイ=舞」、

「ビーチ=浜」と付けられたそうです。当初は“ディズニーランド駅”という名前が

有力でしたが、ディズニー側がNGを出したそうです。
チャンスがあれば、どや顔で言い放ってみましょう。