「吐く」と「叶う」

前多です。

10年ぶりに本社へ戻ってきました。

(10年間お世話になった富山のお客様、協力会社の皆さま、

そして富山営業所の皆さんこの場を借りて感謝したいと思います。

ありがとうございました)

 

現在、引継ぎは何とか終了しましたが、新たな仕事はまだ良くわからないことが多く

頭の整理がなかなかできずパニック状態の毎日です。

ついついマイナス志向に陥りがちで、気持ちが滅入っている状況です。

 

そんな時に、食堂をウロチョロしていると1冊の冊子があり、

何となく見てみると、大変良いことが書いてあったので紹介したいと思います。

 

★「吐く」と「叶う」

「吐く」という漢字は、「口」偏に「+(プラス)と-(マイナス)」で成り立っています。

すなわち、口から出る言葉には積極的・前向きな「プラス言葉」もあれば、

反対の愚痴や不足不満の「マイナス言葉」もあるわけです。

さて「吐く」という言葉から「-(マイナス)」を取り去ってしまったらどうなるでしょうか。

「叶う」という字になるのです。

思いや望みが叶うのは「プラスの言葉」を口癖のように発しているからともいえるのでしょう。

プラスの言葉がプラスの出来事を呼び寄せるのです。

 

皆さんどうでしょうか

私はこの文章を見て非常に共感しました(過去を振り返ってみても確かにそうです)

プラス志向で話しをすると、明るくなり前向きに取り組めます。そして結果も○。

マイナスではその逆で、暗く気持ちも滅入りなかなか思うようにいかない、そして結果もX。

 

振り返ると、最近は忙しさから「マイナス言葉」を話していたように思います。

今日からは「プラスの言葉」を話す(口癖にする)ことを意識して、

希望が「叶う」ように毎日を過ごしていきたいと思います。

 

皆さんも意識して「プラス言葉」を使ってみてはいかがでしょうか

 

営業2課  前多