最近電車で読んだ本

 東京営業所の竹本です。 

3月から東京勤務になりました。まだまだ田舎者ですが、よろしくお願 
いします。 
 
通勤で片道40分ほど私は電車に乗っていますが、最近帰宅するときの電 
車内で久しぶりに本を読みましたので紹介します。こちらに引越しする 
ときに持ってきた唯一の本です。 

 「The Steve Jobs Story スティーブ・ジョブズ・ストーリー」 

 

stevejobs.jpg

いつも弊社のブログを読んでいただいている皆様はご存じだと思いますが、Steve Jobsはアップル・コンピュータ社の創業者です。この本ではSteve Jobs生まれてから、いろいろなことをして、亡くなるまでについて、語彙レベルを制限した英語で手短に書かれています。 

 

全体を通しての大雑把な感想になりますが、Steve Jobsは自分の考えることを信じてひたすら突き進んできた方だと思いました。ものすごい情熱でいろいろなことを成し遂げてきた方だと感じました。 

 

その中でも特に印象に残るところはスタンフォード大学でのスピーチのところです。 内容としてはかなり省略してありますが、それでも何か伝わってくるものがありました。 

 

以下、あまりたくさん引用すると何かの法律に触れそうなので少しだけにしますが、  

  

  If today were the last day of my life, would I want to do what 

  I am about to do today? 

  とか 

  

  Your time is limited, so don’t waste it living someone else’s 

  life. Don’t be trapped by dogma ? which is living with the 

  results of other people’s thinking. Don’t let the noise of 

  others’ opinions drown out your own inner voice. And most 

  important, have the courage to follow your heart and intuition. 

  They somehow already know what you truly want to become. 

  等を読むと結構考えさせられます。 

 

人の意見もきちんときくことも大事ですが、批判されようが自分のやりたいことや、良いと思うことをしっかり進めていくことも大切なのかなぁとも思いました。 

 

私は、気の小さい男で、好き嫌いをはっきり言うことも少なく、また何かをどうしてもやりたいとか、買ってほしいと言って暴れたこともありませんが、自分の力を信じて少しでも活躍できるように東京で頑張ります。 

 

———終わり———— 

—————— 

東京営業所 竹本育雄