「ぶ」 かつどう

 富山営業所でまだ2番目に若手の小杉Aです。

現役野球部では若手が増え、気がつけばYさん、I さんに次ぐ3番目の年寄りです。
 

 今年も本格的に大会の季節が始まりました。

個人的に今年で野球部10年目という節目のシーズンです。

どの強敵にも負けない金沢シールの強さは「同じ職場で毎日仕事をしている団結

力」だと思っています。チームの思いを1つにして、若い力とおじさまの力を合わ

せ、沖縄で皆で泡盛で乾杯したいです。

(キャプテンに泡盛は危険な臭いがプンプンしますが)

 

今年度の金沢シール営業部の心、それは「おもてなしの心」です。

自分は富山に来て、担当がら“お客様をもてなす”場面に恵まれています。

先日のブログに書いた「金箔入りコーヒー」もサプライズの1つですが、①お菓子

を出す、②お土産を渡す、③お食事、④お迎えのお手伝い等、型にはめない気づ

かいや話題づくりを心がけてきました。

これまで先輩方がやられてきた“おもてなし”の行動にヒントをもらってできたことば

かりです。前任のMさんが雨の立会いの日に“ちょっと良いビニール傘”を買ってお

いて「良かったらお持ち帰り下さい。」と渡していたのを覚えています。

東京C所長の「バレンタインチョコ大作戦」もなかなか有名です。普通そこまでしな

いだろう、というところが感動を呼んだり、和みや笑いを生んだりするのだと思いま

す。

 

ホスピタリティの心、生きた人間関係づくりは、何も会社の外にばかり向けるもの

では無いですね。お客様が彼女なら、従業員は家族かな、と最近思います。昔と

違って住み込みの社員はいませんが、心は変わらず「同じ釜の飯を食う家族」と

思いたいです。

こんなことを思うようになったのも、少しずつオヤジ化が始まってきたんでしょうか?

早く「金沢シールのオヤジ」になれるように、なるべく楽しみながら日々精進したい

と思います。