[営業リレートーク] けんこう

私は昨年体調を悪くし4ヵ月間入院をしていました。

入院していて人の温かみを深く感じる場面が何度もありました。

私のお客様で入院先も言っていないのにお見舞いに来て頂いたF社長。

 

私が担当のお客様ではないのですがAさんも突然お見舞いに来て頂きました。

それから若い頃から仲良くしてもらっているN課長は2度もお見舞いに来てもらいました。

個室に移されほぼ監禁状態でK社長、K所長も何度も病室に来て頂きました。

 

辛い治療中にはSさんからは励ましメールを頂き大変嬉しかったです。

当社で扱っているシールやラベルを治療に使用し不思議な感じでした。

病気になり患者と先生の信頼関係は最も重要だなと感じました。

 

初めは不安だらけで入院し治療も疑いながらうけていたのでかなりのストレスでした。

時間と共に主治医の先生と話す回数が増えコニュニケーションがとれ

信頼関係が築けてからは治療に専念することが出来ました。

 

毎日多くの看護師さんと話をすることで不安も徐々に減り

明るく前向きに考えれるようになりました。

体に異変を感じたらすぐにお医者さんへ行くことをお勧めします。

今後は健康管理に注意し日々の生活を送っていきたいと思います。

blogimage


富山営業所 小間