[スタッフブログ] 奥能登酒合宿

そうげん1

そうげん2

「奥能登酒合宿」という、珠洲で行われた企画に参加してきました。 

(わたしはお酒はとても弱いのですが…。)
同じ県内でも、金沢から車で2時間半ほどかかります。


参加者は10名ほどで、神戸と新潟の日本酒サークルの学生さんたちも参加していました。
珠洲で頂いたごはんも、やっぱり少し、金沢とは違う。
葉っぱにくるんだきなこごはんにちょっとびっくり。
ほかのメニューも、ぜ~んぶ美味しかった!

 

田植えも初体験でした。
植えたのは酒米の「石川門」。なんと!宗玄になるのです。

宿は見附島のすぐそばにある、とっても素敵なところ。
ミラクルに素敵すぎて、なかなかうまくその様子を説明出来ません。
とにかく経験のないような宿でした。

 

夜の海辺のお散歩で、眩しい月の光に見附島が浮かび上がっている光景は本当に幻想的でした。
1日目のラストは、各地から自慢の日本酒を持ち寄っての飲み比べ大会。
十数種類もの日本酒の瓶が並んでいました。
普段全く飲まないわたしですが、日本酒の奥深さに感心しました。

 

2日目は、宗玄さんの工場見学。
さらにその建物の裏には、旧能登鉄道のトンネルを利用した隧道蔵(ずいどうぐら)と、
その線路を走る衝撃のトロッコ「のトロくん号」。
どれもこれも、貴重な経験をさせて頂きました。

とっても楽しめた2日間!珠洲も良いところだなー思いました。

 

製品企画 横川