[スタッフブログ] 感動と興奮その2

野球つながりになりますが、夏の甲子園も終わりだいぶ涼しくなってきました。

今まで27年間野球をしてきたにも関わらず暑いのが苦手なので、今年は近年に
ないくらい涼しく、最高の夏でした。

 

今年の夏は母校の星稜高校が甲子園に出場したことで楽しく過ごすことができ
ました。しかし台風で開会式が2日延期となり、いずれの試合も勤務中でした。

 

唯一観戦できたのは1回戦の途中からで、昼食時に富山ブラックを食べながら
見ていました。県予選の決勝戦を奇跡的な逆転劇で注目されていましたが、
何とか勝利し甲子園で母校の校歌を聞けるのはうれしいものです。

 

思い返せば19年前の高校1年生の夏(当時は細かった!)。石川県史上初の決勝
戦まで進出したことを思い出します。
※ちなみに県大会の決勝戦は主砲峰岡さん要する金沢高校に4-1で勝利!

 

入学してわずか4か月。あれよあれよと勝ち進み決勝戦。
残念ながら帝京高校に負けてしまいましたが、今思うと1年生でベンチ入りさせ
て頂き最高の思い出となりました。
※銀メダルは実家の物置に置いてあったかな…。

 

今年の春から部署異動となり悪戦苦闘していますが、高校3年間の苦労から比べ
ればまだまだたいしたことはありません。この夏母校の後輩からも活力をもら
いました。

仕事のほうは前期が終わり思うような結果が残せていませんが、星稜高校の
モットー「耐えて勝つ」の精神で頑張っていきたいと思います。


企画開発室
今井