夏風邪と後悔

デザイン担当の窪です。

 

夏はいつもバテバテなのですが今年はさらにひどく、

エアコンと流行の風邪にやられてかなりのどを傷めました。

お医者様の薬が合わず、結局水分補給と加湿、

休日引きこもりでなんとかここまで治しましたが、

まだ咳は出ますし、あまり声が出せない状態です。

情けないですが年々夏を越すのがひどくなってきます。

これが、年をとるという事なんだなとつくづく感じています。

 

若さとは、何より大切で素晴らしいものです。

若いときに当たり前に出来ていたことが、

年をとるというだけで出来なくなる。

それを意識して生きてきたなら、今こんなに苦しい老化を

迎えていても決して後悔などしなかったでしょう。

若くて体力の有るときにこれ以上無茶できないというくらい

いろんな事をしておけばよかった、とつい思ってしまいます。

 

何かにおびえて若さを満喫できず、ほとんど修道女のような生活を

送ってきた私には、夏はいつも後悔の季節です。