サロメ

デザイン担当の窪です。

先月、県立美術館で「ビアズリーと日本」という展示を見てきました。

ビアズリーというのは

19世紀末に活躍したイギリスのイラストレーターで、

その耽美的で緻密な描写で一世を風靡したのですが

幼少から結核を患い、残念ながら25歳という若さで夭折しました。

なので実質6年くらいしか活動はしていないのですが、

その耽美的で緻密な描写で一世を風靡し、

日本の多くの画家にも影響を与えています。

 

私は学生のときにサロメという戯曲の挿絵を見て、

なんて気持ちの悪い、でもきれいな絵を描く人なんだろう・・

と思ったのですがそれ以上特に興味は持ちませんでした。

けれど今回展示を見てきて、その描写の美しさ、素晴らしさを

再確認しました。

この夏の、一番の感動です。