25年ぶりの歓喜

私は小さい頃から広島カープのファンです。

理由は保育園くらいの時に両親から買ってもらった帽子がカープだったので、それから30年以上応援しています。ですので、にわかカープファンではありません。

 

そんな話を上司としていたところ、自宅にあった古い1冊の本をもらいました。

なんと昭和50年に発行された「赤ヘル軍団 栄光のV1」という雑誌…。

表紙は外木場と、山本浩司。

 

私はまだ産まれていません…。

 

これは広島ファンに持っていてもらいたいからという上司の言葉…。

感動です!!!

 

ちなみに広島の友達に連絡をしたところ、出生届にまでカープの印刷がされており、バスのラッピングもカープ、カープ、カープとのこと。(商売上手!)

一説には経済効果が300億円以上とも…。(それは言い過ぎやろ!)

 

今までのカープは春先まで調子が良いことが多いのですが、6月以降失速していくのが定番となっており「鯉のぼりの季節まで(5月前半まで)」というフレーズが定着していました。

ところが今年は中盤からの大躍進で、念願のリーグ優勝!

何とかこのまま日本一まで突っ走って欲しいと願っております。

 

 

 

企画開発室 今井