K-1グランプリ

11/18の夜、山代温泉瑠璃光さんで、当社4年ぶりとなる慰安会が行われました。

各部対抗の出し物対決、大いに盛り上がりました。

社長の朝礼で

「くだらないことを一生懸命にやるという精神は、利他の心を持つこととほぼイコールである。」

という話がありました。そのとおりだと思います。

私はさらに

「やりがいというものは自分たちで作るのだ。」

「“何をやるか”ではない、“誰とやるか” “どれだけ自分事としてやるか”が大事である。」

この3年間、私が金沢JCの活動を通じて感じたことです。

 

今回の慰安会は、これからの金沢シールの未来にとって、本当に意味のある最高の場になったと思います。

第2回K-1グランプリに向けて、皆さん頑張りましょう!

 

 

企画開発部 兼 生産管理部 小杉淳文