親不知を移植しました。

1月末に、右下の親不知を抜いて、別の場所に移植しました。

親不知を移植?って思われますよね。

僕も歯医者さんから説明を受けるまでは、聞いたことがありませんでした。

例えるなら、挿し木のようなもので。

抜いた刃の根もとの状態と移植する土台の状態が良くないと、

移植しても、すぐダメになっちゃうそうです。

状態が良くても、10年以上もつこともあれば、2年もしないうちにダメに

なっちゃうこともあるそうです。

安定するまで2ヶ月から半年はかかるそうです。

抜いた歯を移植する際、土台を削る?調整する?のに、

ドリルのような器具で、まさに道路工事中。辛かった。

移植してから約3週間は、痛くてロキソニンを飲まないといられないくらい。

ジンジンとした痛みじゃなくて、腫れて熱をもった痛みで。

痛くて、何回か夜中に目が覚めたことがありました。

いまは、腫れもひき、痛みもなくなりました。

でも。まだ、物は噛めません。

私が言うのも何ですが。

皆さん、歯は大事です。

日々のケアを心がけましょう。

 

長野営業所 向 博典