自分のからだ

生産本部の小杉淳文です。
私の人生の柱は、「仕事」と「家庭」です。
どちらにおいても「からだが資本」だと思います。
「仕事」・・・引退まで、仲間と一緒にバリバリ仕事をできるように。
「家庭」・・・引退後も、家族と一緒に孫の顔を見るまで元気に。

 

私の中で「80歳まで元気にいたい」という目標を決めています。
からだをつくるのは食べ物。いま実行している行動は、
 ①タンパク質を取る(肉、魚、卵などを多く食べる)
 ②糖を減らす(糖質10g以下の食料、飲料を口にする)
 ③鉄、ビタミンを取る(医師推奨のサプリを毎食欠かさない)

 

約1年前から続けてきた結果、腸の調子がとても良くなり、なんとなく疲れにくく、

イライラしにくくなりました。

仕事と一緒で「結果は後から付いてくる」ことを信じて、

今後も自分のからだを大切にしていきます。