みんな違って、みんないい。

夕方、散歩中...

娘(中学生):「この夕日、めっちゃエモい」

妻(40代):「はぁ、なにそのコトバ」

 

社内ミーティングで...

印刷オペレータ:「この製品つくるの難しいから、もう少し材料ふやして」

営業マン:「コスト厳しいし、勘弁して」

 

5年前:「22時かぁ、そろそろ帰ろうかな」

現在:「定時過ぎたし、帰ろう」

 

 

年代や職種、環境等々で、

ヒトの視点や価値観ってホントに違いますよね。

 

コロナ過でも、ギャップによる対立が浮き彫りになっていますが、

万国共通の普遍的な価値観なんて無いんじゃないかな。

 

【どっちが正しいか】 ではなく、

【お互いに理解しあい、解決策を追求していく】 ことの重要さを、

最近つくづく感じています。

 

 

ところで、

当社には「生きた商品づくり」という、共通の価値観(経営理念)があります。

 

また昨年から、一人ひとりのワーク・ライフの価値観を「マイビジョン」で見える化し、

部署内や同世代で語り合っています。

 

みんな違って、みんないい。

経営理念のもとで、お互いを認め合い、いろんな価値観が組み合わさって、

新しい価値づくりに取り組んでいます。

 

 

P.S.ちなみに、私のマイビジョンの一つは「ゴルフのベストスコアを出す」ですが、

  あと5打が遠い...

 

 

 

 

営業本部 岡田